おすすめ・雑記

【映画】エンド・オブ・ステイツを振り返る

こんばんは!先日ちょっと時間があったのでU-NEXTで最近配信されたアクション映画

【エンド・オブ・ステイツ】を見たのでレビューを書いてみたいと思います。

映画は吹替で見る、大した知識がないぴごぱごが思うままに書いています。

ネタバレには注意してますが、うかっりバレる事もあります。

映画概要

公式サイトより引用
【エンド・オブ・ステイツ】
  • 公開日:2019年11月15日
  • 上映時間:121分
  • 監督:リック・ローマン・ウォー
  • キャスト:
    ・ジェラルド・バトラー(マイク・バニング)
    ・モーガン・フリーマン(アラン・トランブル大統領)
    ・ジェイダ・ビンケット・スミス(トンプソン)
  • ジャンル:アクション
  • 公式HP:http://end-of-states.com/

 

あらすじ

「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続き、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズ第3弾。世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていた。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くため奔走するが……。主人公マイク役のバトラーのほか、トランブル大統領役もシリーズおなじみのモーガン・フリーマンが演じる。

引用・参考 映画.comより

感想

良くも悪くもアクション映画といった感じ。

ストーリーにそこまでの深みは無く、爆破や銃撃、格闘などの派手な演出を楽しむ映画かなと。

大統領を暗殺した罪を主人公にきせ、ロシアとの戦争に踏み切り、自分の理想と戦争による利益を狙うわけだが、

  • 罪のきせ方と、罪の確定までが浅い
  • 大統領の生存は想定外な割に、追撃の暗殺とかの実行が遅い
  • 襲撃実行犯の目的はお金?理想?命を懸ける設定があいまい
  • 事件の黒幕がかなりのリスクを冒す理由が伝わってこない
  • 病気の設定は次作への伏線?ストーリーへの影響は少ない

などなど突っ込めばキリがないが

  • 主人公の親父さん登場でバックボーンが垣間見れる
  • 主人公のジェラルド・バトラーは個人的に好きな俳優さん
  • 主人公の現場か管理職かの悩みが、歳をとったリアルな悩みとして共感できる
  • 2時間アクション映画を見てスカッとしたいなら十分

ということでぴごぱご的におススメ度は

(3.5)

とさせて頂きます!

私は1部作、2部作の方が内容、アクション的にお勧めです。

エンド・オヴ・ステイツ見るなら<U-NEXT>

がお勧めです。

今なら31日間無料のお試し期間から始められるそうです♪

ABOUT ME
ぴごぱご
ぴごぱご
30代男。1人は好きだが、孤独は苦手なサラリーマン。短気で怒りっぽくまだまだ未熟者です。 初めての子育てに奮闘しながら、自分自身も成長できればと。 正直に書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。